小笠原マルベリー

島の東側にある初寝浦、石浦ルート


 

 

概要

 

初寝浦・石浦ルートは

都道夜明道路沿いから入る。

 

そこまでのアクセスは交通機関がないので、

車やバイクの確保が必要。

徒歩だと中心集落から1.5時間ほど。

 

初寝浦ルートは

都の歩道のため自由に歩ける。

自然公園施設の紹介-父島|東京都小笠原支庁 (tokyo.lg.jp)

初寝浦 | 東京とりっぷ (tokyo-trip.org)

 

このルートの片側は

ほぼ全線にわたり、ノヤギ・ノネコ侵入防止柵がある。

 

ルートの周辺は乾性低木林。

展望地と東屋が途中1ヵ所ある。

 

石浦ルートは林野庁の指定ルートのため、

入林パスが必要。

観光の方はガイド同行となる。

保全センターからのお願い:関東森林管理局 (maff.go.jp)

 

入口で

ノヤギ・ノネコ侵入防止柵の扉を開け、中に入る。

(開閉できるカギがある)

 

このルートは初寝浦からの帰路がほぼ上りなので、

帰路の方が疲れることを覚悟の上で歩くことが必要。

 

 

 

 

 

 

 

初寝浦ルート

 

このルートは

1.1㎞ほどの道のりだが、

高低差は220mほどある。

 

道の片側には、

ほぼ全線にわたり外来種侵入防止柵がある。

 

坂道はほとんどが階段。

そのため、ひざへの負担はかなりかかる。

ひざの調子の悪い人はやめた方が無難。

 

往路ははじめに少し上るほかは

ほぼ下り。

所要時間は下りは40分ほど。

上りは50-60分ほど見ておくといい。

 

浜には休憩のイスなどはあるが、

トイレはない。

電波の入りもかなり悪い。

 

浜辺は広い砂地。

うぐいす砂がきれい。

 

小笠原に来なくてはいけない理由、その22「浜辺でうぐいす砂が見られる」

 

海は泳ぎも可能であるが、

入り江が浅いので、うねりや波が入りやすい。

 

都道から初寝浦の往復ルートだけなら、

浜辺でのんびりしても半日見ておけばいい。

 

 

 

 

 

初寝浦ルート案内板

 

 

概略説明

 

高低差の断面図

 

 

歩道の位置図

 

同上  父島全体図

 

 

 

 

 

初寝浦ルートの様子

 

 

入口

 

外来種対策、入山者カウンター

 

はじめにすぐ坂道を上る

坂はほぼ全線階段

 

前線に渡り、片側には柵がある

 

沢を渡るところは橋がある

 

 

途中の休憩東屋

 

ここから下の坂がきつい

周辺の樹林は乾性低木林

 

同上  展望  

 

東島が一望

 

下りの急坂や石段

 

 

イワホウライシダ

 

父島では、ほぼここしか見られないシダ

 

初寝浦歩道に生えるイワホウラシダ

 

 

初寝浦

 

正面は東島

 

同上

 

 

 

 

 

石浦ルート

 

初寝浦の南の方にルートがある。

ちょっとわかりにくい。

 

ルートの入口には、

ノヤギ・ノネコ侵入防止柵がある。

 

ルートはほとんど自然な山道。

すべりやすいところなどんはロープが張ってある。

 

はじめに少し上ると、

あとは下って、沢筋歩いて石浦まで。

 

所要時間15-20分で到着。

 

ここは外洋に近いので、

遊泳はお勧めできない。

 

浜は砂地でうぐいす砂。

平べったいサンゴがかなり打ちあがっている。

 

小笠原に来なくてはいけない理由、その22「浜辺でうぐいす砂が見られる」

 

 

ここまで足をのばすと、

往復で1時間ほどは追加時間がかかる。

 

 

 

 

 

 

石浦ルートの様子

 

 

初寝浦南部の方にある石浦への上り口

 

 

 

ノヤギノネコ侵入防止柵を開けて入る

 

こおっからは入林パスが必要

 

 

まずは山道を5分ほど上る

 

切通しを過ぎるとあとは下り

 

下りは滑りやすい

 

沢を超える場所

 

浜までほぼ沢沿いの道

 

海岸性の樹木がおいしげる

 

再度沢を超えると、海はもうすぐ

 

石浦

 

外洋の波が入りやすく泳ぐにはやや不向き 

 

平べったいサンゴが大量に

 

 

 

 

 

 

行くには

 

歩道の入口までは

車やバイクなど行くことをお勧めする。

徒歩だと集落から1.5時間ほど。

 

初寝浦までは自由に歩ける歩道である。

石浦ルートは入林パスが必要となる。

 

マルベリーのツアーでは

このルートはほとんど使っていない。

2名様以上で、リクエストがあれば、

ガイドは可能である。

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前

    ふりがな

    メールアドレス

    ご住所


    お電話番号

    お問合せ内容

    個人情報の取り扱い

    個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。