小笠原マルベリー

朝立岩ルート(5-12月利用可能期間)


 

 

概要

 

朝立岩(通称)は

5-12月が利用可能な期間です。

1-4月は

野生生物の繁殖期に配慮して、閉鎖です。

 

赤旗山・躑躅山・朝立岩コース

 

朝立岩は

躑躅山から東に続く稜線に近い岩峰です。

岩峰の上に上ることはできません。

 

朝立岩付近はムニンツツジ自生地です。すが、

現在、野生株が残るのは、

朝立岩の北部にある稜線近くのみです。

そこは観光では利用できません。

 

種の保存法指定種・ムニンツツジ

 

朝立岩は

千尋岩ルートの分岐から30分ほどです。

ふもとの分岐からだと10-15分ぐらいでつきます。

ほとんどが岩場の道です。傾斜も強めです。

 

 

そこからは

巽湾や巽谷の展望が望めます。

 

北側の稜線の方に、

ムニンツツジ自生地も見えます。

 

また戦跡も残り、

ふもとに巽谷砲台、朝立岩に観測所が見られます。

どちらも壕です。

 

朝立岩付近にある戦争末期の巽谷砲台

 

 

 

 

コースのウリ

 

 

朝立岩からの巽湾展望と

自生地にほぼ近いムニンツツジ(植栽地)などです。

 

さらにふもとには

大きな洞窟陣地(巽谷砲台)とガジュマル林ががあります。

 

 

 

 

 

 

現地の様子

 

 

 

千尋岩ルートとの分岐

ここから30分ほど。上りが続きます。

 

朝立岩ふもとの分岐

ここから10-15分、岩場の斜面を上ります

 

岩場の道

 

朝立岩近景

岩の上には上れません 

右側(東側)にルートがあります。

 

途中の展望

巽湾が望めます

 

終点はムニンツツジ植栽地

5月ごろは花盛り

 

ムニンツツジ野生株と植栽株

遠望のみ、観光では行くことができません。

 

イワヒバもふつうに見られます。

 

 

朝立岩の観測所  東側出入口 

西側にも出入口あり

 

 

同上  西側へ下る内部の斜面

 

ふもとの巽谷砲台

 

西側砲台

砲は破壊されて原型をとどめず

 

 

 

 

 

 

 

行くには?

 

5-12月が利用期間です。

指定ルートなので、

観光の方はガイドツアーでお願いします。

 

 

朝立岩を目的地とするツアーは

定番では設定がありません。

リクエストがあれれば、

躑躅山などとセットで組み込みができます。

 

山歩き(千尋岩、西海岸、ジョンビーチ)

 

朝立岩だけならば半日ツアーでも可能です。

北袋沢から片道1時間15分ほど。

 

千尋岩コースの帰路に立ち寄ることも可能です。

(追加料金はありませんが、より健脚向きです。)

 

千尋岩(ハートロック)コース

 

 

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。