小笠原マルベリー

父島・兄島に残る陸軍標石「父島要塞地帯標(まとめ)」


 

 

概要

 

父島・兄島には山中の複数箇所に

「父島要塞地帯標」の標石が残る。

父島要塞築城史 (ogasawara-mulberry.net)

 

個別にはすでに記事にしているので、

ここで一覧としてまとめておく。

 

地帯標のある場所は

下記の資料を見ると、おおむね合致するのが分かる。

要塞地帯法実施の件 (archives.go.jp) (p74-82あたり)

 

大正10年4月23日付で

要塞地帯標植立の報告もなされている。

要塞地帯標植立の件 (archives.go.jp)

 

他に中山峠などでは

昭和16年に設置されているのもある。

これはさらに調査を要する。

 

要塞地帯標にに書かれている文字は

正面が「父島要塞第*地帯標」(*は一から三)、

右側面が地点番号「第**号」(**は数字)、

左側面は日付で「大正十年三月五日」

(昭和十六年一月十日の日付もあり)、

後面は「陸軍省」である。

 

正面上部は英語で、

S.M.(Strategic Mark Monument 戦略監視の碑)

2nd Z. =  SECOND ZONE

 

これは

「 1だと、1st Z. =  FIRST ZONE

  2だと、2nd Z. =  SECOND ZONE

  3だと、3rd Z. = THIRD ZONE 」

 

 

 

 

大正10年設置

 

 

 

境浦付近 第一地帯標

 

 

境浦付近の山中尾根筋にある

要塞地帯法実施の件 (archives.go.jp) (78p)

境浦付近山中の陸軍標石「父島要塞第一地帯標」

 

 

 

 

 

夜明山  第二地帯標

 

夜明山東側、海側の山中にある

要塞地帯法実施の件 (archives.go.jp) (78p)

 

大正10年3月5日植立、父島要塞第二地帯標(夜明山)

 

 

 

 

 

兄島 第二地帯標

 

 

兄島南東部の家内岬が要塞地帯だったため、

兄島にもこの地帯標がある

 

これは台地上に残っているもの

日付は大正10年3月5日、父島要塞第二地帯標

 

要塞地帯法実施の件 (archives.go.jp) (p80)

 

兄島は万作浜から家内岬までは

軍道や電柱のなごりが残る

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和16年設置

 

 

 

 

中山峠・袋岬  第二地帯標

 

 

中山峠と袋岬にそれぞれある

 

中山峠・袋岬の陸軍標石「父島要塞第二地帯標」

 

 

 

 

衝立山

 

ルート沿いとは別の西側ピークにある

 

衝立山陸軍標石「父島要塞第二地帯標」

 

 

 

 

 

 

 

地帯標を見るには

 

観光ルート沿いで紹介できるのは

中山峠のものだけだ。

 

中山峠・袋岬の陸軍標石「父島要塞第二地帯標」

 

ここは戦跡ツアーではなくて、

森歩きで行くことが可能である。

 

小港~中山峠ルート・・南・北の展望が抜群

 

中山峠から袋岬へ・・南側の展望がオススメ

 

 

 

戦跡ツアーでも行くことは可能だが、

往復で1時間以上はかかる。

他の戦跡はない。

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前

    ふりがな

    メールアドレス

    ご住所


    お電話番号

    お問合せ内容

    個人情報の取り扱い

    個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。