マルベリー

泳いで見る境浦座礁船「濱江丸」


 

泳いで見る境浦座礁船「濱江丸」

 

 

 

概要

 

昭和19年夏から、境浦に座礁したままの船「濱江丸(浜江丸)」。

読みは「ひんこうまる」。

 

戦時中陸軍が徴用していた輸送船で、

外洋で被弾し、最後にここで座礁しました。

 

座礁した場所の水深は3-4Mです。

全長120M、5000トン越える大きな船です。

 

76年の時を経て、水面から上は、

機関の一部を除き、ほとんでなくなってしまいました。

陸側から見ると、左(南側)が船首です。

 

でも泳いで見ると、水中はそれなりに残っています。

 

 

 

 

2020年写真

 

船尾とプロペラの軸です

 

 

機関部

 

 

 

 

船体中央部から舳先にかけて  アンカーのチェーンも残っています

 

この船のあたりは魚礁のようになっていて小魚が多く見られます

船の周辺は砂地で、それほど魚を多くありません。

 

浜からは100Mほどですので、シュノーケリングですぐです。

流れもほぼありません。安心して遊べます。

 

船の残骸には破片や尖った場所もあります。また珊瑚もたくさんついています。

引っかけるとケガする所もありますので、気をつけて泳いでください。

 

撮影した日はあまり透明度がよくありませんでした。

 

 

 

 

2009年写真

 

 

ここからは

2009年に撮った写真ですので、現在はさらに崩れています。

 


海岸から 船尾部

 

山の上から


船首


船首


船尾


船尾スクリュー部


船首アンカチェーン


アンカーチェーン


機関部


機関部


機関部

 

マスト


機関部

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。