マルベリー

モデル(長女)と境浦のブランコ


 

長女・モデルと境浦のブランコ

 

昨日午後、長女と境浦に泳ぎに行きました。

 

泳ぐ前に、ブランコで撮影会。

このブランコはよくPRでも使われています。

 

 

三菱電機のものですが、5分後ぐらいにここが出てきます。

 

では僕が撮った動画もどうぞ

 

 

うちの場合、モデルは長女です。

現在21歳の現役女子大生。

 

長女はまだしばらく島にいます。

モデルのご用命は、マネージメントしているマルベリーまで。

 

 

境浦は道路沿いの駐車場まで車で行けますが、

そこからは徒歩で坂道を下って行きます。

駐車場の標高は40Mほどです。

 

泳いだあとの上りは少ししんどいです。

 

境浦にはトイレや休憩所はありますが、

水道やシャワーはありません。

 

沖合に座礁船があるので、

泳ぐときはそこまで行くと、船の残骸や小魚が楽しめます。

 

泳いで見る境浦座礁船「濱江丸」

 

浜の崖上にはカーチスヘルダイバーの残骸もあります。

 

急降下爆撃機カーチス社SB2Cヘルダイバー(画像)

 

急降下爆撃機カーチス社SB2Cヘルダイバー

 

濱江丸は駐車場からも見えるので、

ツアーで境浦まで降りることはめったにありません。

 

ヘルダイバーの行くときもまず浜までは降りません。

あらかじめリクエストがあれば、降りることは可能です。

実をいうと、ヘルダーバーからはこのブランコが見えているんです。

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。