マルベリー

小笠原で見られるいくつかのヒルガオ科植物の花


小笠原で見られるいくつかのヒルガオ科植物

 

小笠原、主に父島周辺で見られる、いくつかのヒルガオ科植物の花を紹介します。

20種類近くありますが、固有種はなく、広域分布種か外来種です。

 

ヒルガオ科植物の花は大柄でよく目立ちます。

基本の花のつくりは漏斗型合弁花冠、おしべ5、めしべ1です。

 

まずは広域分布種から。

 

 

浜辺に行けばたいがい見られるおなじみのグンバイヒルガオ(広域分布種)です。

 

鮮やかなピンク色の花が映えます。

夏期(5-10月ごろ)はずっと花が見られます。

葉が軍配形で特徴的。

 

 

これはオオバハマアサガオ(広域分布種)。

 

集落付近の樹林で生えています。

それ以外の場所ではどこにあるかよく知りません。

 

 

白花なのにキバナハマヒルガオです。

 

南島だけで自生しています。

ルートからそれたところにあるので、観光では見ることができません。

 

次は外来種。

 

 

白花のトゲヨルガオ(ヨルガオ)です。

 

父島では道路沿い数カ所で野生化しています。

おおむね戦前に人の手が入っていたような場所です。

茎などにとげがあります。

 

 

黄花のバラアサガオ(ウッドローズ)。

 

花期は10月頃からです。

集落の周辺で野生化していてとても花が目立ちます。

 

 

 

果期にはまた花のような形になって、

ドライフラワーとして活用されているようです。

 

父島には

ほかにも栽培のアサガオや食用利用の空心菜(ヨウサイ)などもあります。

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

は必須項目です。必ずご記入ください。

お名前
ふりがな
メールアドレス
ご住所
お電話番号
お問合せ内容
個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

この記事を書いた人

吉井 信秋

大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。


関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。