目次

胞子葉が特徴のあるシロヤマゼンマイ

 

概要

 

 

シロヤマゼンマイ(シダ・ゼンマイ科・広域分布種)を見ると、

葉が枯れたような茶色の部分がついているときがあります。

 

これは胞子葉という胞子を専門につける葉です。

 

 

 

胞子葉に対し、普通の葉は、光合成し、栄養葉といいます。

父島のシダで胞子葉が見られるのはわずかです。

シロヤマゼンマイは葉が二形性で

普通の葉(栄養葉)と胞子葉(胞子嚢をつける)とに分かれます。

一つの葉柄から普通の葉と胞子葉が両方ある部分的二形性のものもあります。

 

 

 

 

分布

 

本種は広域分布種ですが、小笠原での分布は父島だけです。

広域分布種で、小笠原での分布が限定されるものは、

何かいわくがありそうです・・

人為なのか、たまたまそのエリアだけに適応したのか、

そもそもそこだけにたどり着いたのか、さてどっち??

 

 

 

名前の由来

ちなみに、シロヤマとは、鹿児島の城山のことのようです。

 

 

 

 

ヒリュウシダとの比較

 

 

似たシダとしてヒリュウシダ(シダ・シシガシラ科・広域分布種)があります。

東平では両者が近くで生えているところがあります。

 

島の南部ではヒリュウシダが普通に生えていますが、

シロヤマゼンマイはほとんどありません。

 

両者は葉の縁でも見分けがつきます。

葉の縁に鈍鋸歯があるのがシロヤマゼンマイデ、ないのがヒリュウシダです。

 

 

また、ヒリュウシダには胞子葉がありません。

葉の裏に、胞子嚢群が羽軸の両側に線形につきます。

 

余談ですが、ヒリュウシダも父島だけの分布ですね。

 

 

 

ツアーでは

 

森歩きで、東平なご紹介できます。

父島ではそれほど多くはありません。

 

東平&初寝山(森歩き)

 

森歩き

 

 

共有:

いいね:

いいね 読み込み中…
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。