小笠原マルベリー

明日への活力源3つ(レバニラ炒め、ピータン豆腐、紹興酒)


 

明日への活力源3つ(レバニラ炒め、ピータン豆腐、紹興酒)

 

父島でのくだけた話題も時々入れましょう。

 

コロナ禍で、飲み会もめっきり少なくなっています。

同様に、家族での外食も減っています。

 

疲れがたまったりすると、無性にレバニラ炒めが食べたくなり、

たまにここにやってきます。

かがや亭 – 小笠原諸島その他/定食・食堂 [食べログ] (tabelog.com)

 

ただ、レバニラ炒めは出港中は品切れの時もあります。

なので、入港中は行きにくいですので、出港日ぐらいが狙い目なのです。

 

頼むのはほぼ定番です。

 

飲み物は紹興酒1本、ロックで。

食べ物はレバニラ炒めに、ピータン豆腐、餃子などです。

この日は餃子はなしにしました。

 

食べるのはたいがい外のテラス席。

通る人や暮れゆくの景色などを楽しみながらです。

 

1人で飲んでいると、1本は飲みきれません。

大体半分ぐらいは残ります。残った分は瓶を持ち帰りです。

 

まれですが、

たまに知り合いが通りがかり、一緒に飲むこともあります。

 

こうやって気分よくなり、お腹もふくれて、自宅に帰ります。

さてまた明日も頑張りましょう。

という感じです。

 

夕方、店のテラスも至福の時間

 

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。