目次

概要

 

戦前、父島海軍通信隊の本隊と受信所が、

小笠原中学校と隣接するNTT敷地にありました。

 

ここは、1937年(昭和12年)から設置されていました。

その後、扇浦に電波方位測定所、

夜明山に送信所なども建設されました。

 

海軍通信隊送信所(夜明山)

 

返還後、小笠原中学校とNTTができ、

通信隊本隊・受信所施設の大部分は壊されました。

 

現存するのは油庫と貯水槽(?)です。

油庫は倉庫(?)として利用されています。

貯水槽(?)は高台にあります。

 

今後、校舎の建て替えに伴い、

油庫も取り壊されるのであろうと思います。

 

貯水槽は、

放置されたまま残るであろうかと思います。

貯水槽の下の石垣は3段になっていて、

この石垣も残す価値があろうかと思います。

 

 

 

 

現地の様子

 

本隊(右・中学校)と受信所(左・NTT)跡

 

発電所(コンテナのあたり)と油庫(奥に現存)

 

油庫 入口側

 

油庫窓側

 

油庫の窓

 

軍事施設で窓が現存し、鉄が残る窓は、

父島ではここぐらいで、かなり珍しい

 

 

高台にある貯水槽?

 

同 外観

 

貯水槽 近景

 

貯水槽 近景(2)

 

貯水槽の下の石垣(3段)

 

 

 

 

 

見るには?

 

この場所は小笠原中学校裏手にあるので、

部外者の立ち入りは、念のため、中学校に連絡した方がいいです。

 

戦跡ツアーで訪ねることはできます。

 

戦跡ツアー

 

 

 

 

 

参考

 

小笠原・父島の戦跡

 

共有:

いいね:

いいね 読み込み中…
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。