マルベリー

夜明・湾岸道路一周での自生植物(9)ムニンセンニンソウ


夜明・湾岸道路一周での自生植物(9)

ムニンセンニンソウ

 

夜明・湾岸道路一周で見られる自生植物は90種類ほどあります。

奥村・旭橋から時計回りで、主には見られた順に紹介していきます。

 

(9)ムニンセンニンソウ(キンポウゲ科・固有種)

 

花期以外はほとんど注目されない植物ではないでしょうか。

つる性の草本です。

 

花期は8ー9月頃です。

そのころはやや大柄の白花が目立ちます。

つる性ゆえ、何かにからみついて、目立つところで咲いています。

 

花期になり、夜明道路の中央山から南側のエリアで、

花を見て気づくことが多いです。

 

 

その目立つ花ですが、花弁のように見えるのは萼片です。

花弁はなく、萼片4です。

さらにおしべとめしべがそれぞれ多数です。

 

 

写真左は外側に多数あるおしべで、先端に葯があります。

右が内側に多数のめしべです。

比較すると、おしべが黄色っぽく、めしべが白っぽいです。

 

 

葉は羽状複葉で、小葉は3ー5個。

葉の形は先の尖った卵形で、葉の表面は5脈が目立ちます。

 

ウィキによると、

「和名は痩果に付く綿毛を仙人の髭に見たてたことに由来する」とのことです。

 

ちなみに下の写真が痩果です。

 

 

和名の由来、ほんとうなのでしょうか?

確かに痩果が独特といえばそうですけど。

そこに着目しての和名かと思うと、ちょっとがっかりではあります。

 

 

本種は毒草ということで、

島では「ドクヅル」ともいわれたようです。

 

小笠原では自生のキンポウゲ科殖物は本種のみです。

外来種ではヶキツネノボタンがあります。

 

夜明・湾岸道路一周での自生植物

https://ogasawara-mulberry.net/category/column/round/

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

は必須項目です。必ずご記入ください。

お名前
ふりがな
メールアドレス
ご住所
お電話番号
お問合せ内容
個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

コメントは受け付けていません。


関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。