マルベリー

シマイスノキ果実(蒴果)が割れだして・・


 

シマイスノキ果実(蒴果)が割れだして・・

 

乾性低木林で、

代表的な主要構成樹木の1つがシマイスノキ(マンサク科・固有種)です。

道路沿いでも多く見られます。

 

今年(2020年)初め頃、シマイスノキの果実が豊富になっていました。

果実の多い少ないは年によってムラがあります。

何が影響しているのかは分かりません。

https://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/474014960.html

 

蒴果はかたい殻で、ドングリぐらいの大きさです。

それが9月頃になって、ようやく割れだしてきました。

 

 

1つの蒴果に種が2つ入っています。種はスイカの種と同じぐらいの大きさです。

 

 

蒴果が割れた勢いで、ほとんどの種は地上に落ちるだと考えます。

 

その種はアカガシラカラスバトの餌になっているはずです。

最近、やたらと、シマイスノキの多いところで出没が目立ちますから。

歩道や道路上に出てきていルことも多いです。

 

小笠原(父島)で比較的見つけやすい天然記念物

 

ちなみに、この種は人間の食用にはなっていません。

 

今年は本種の果実が豊作なので、

アカガシラカラスバトにとって、しばらく、餌が困らないほどではないかと思います。

 

うちのツアーでは森歩きが乾性低木林も歩くので、

アカガシラカラスバトの遭遇率が高めです。

 

森歩き

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

は必須項目です。必ずご記入ください。

お名前
ふりがな
メールアドレス
ご住所
お電話番号
お問合せ内容
個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

この記事を書いた人

吉井 信秋

大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。


関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。