マルベリー

コヘラナレンの開花・・・ネットの中で


 

コヘラナレンの開花・・ネットの中で

 

 

概要

 

11月初旬、

コヘラナレン(キク科・固有種)が花期を迎えています。

 

旭山南峰に至るルート沿いにはコヘラナレンの自生地があります。

 

コヘラナレンは小さいヘラナレンという意味です。

ヘラナレンは小笠原自生で木本化したキク科固有種です。

コヘラナレンは草本です。

ヘラは葉の形から来ていると思われますが、ナレンの意味が不明です。

 

ヤギの食害で激減しました。

分布は父島と兄島のみで、個体数はかなり少ないです。

 

父島の分布は、確実なのは、このルート沿いです。

僕は他の自生地を知りません。

 

 

 

 

ネットで囲われて

 

ヤギの食害を防ぐため、2ヵ所でネットで囲われています。

この中に何個体あるのか、正確な数は分かりませんが、

せいぜい10-20ぐらいです。

 

 

ネットに近づくと、数個体で花をつけていました。

 

 

 

しかし、これでは花の写真を撮ろうにも、

ネットが邪魔ましてうまくは撮れません。

 

 

花の写真は兄島で撮ったものを紹介します。

 

 

 

花序の先に頭花を複数つけます。

一見、5弁花のようですが、キク科なので、そうではありません。

 

1つの頭花には5つの舌状花をつけます。

1つの舌状花は、花弁のような部分と、

1つのおしべ・めしべが一体になった棒状のものとが1対です。

 

 

 

ツアーでは

 

旭山は森歩きツアーで訪れます。

旭山南峰ルート沿いにあります。

そちらはあまり行かないのですが、リクエストいただければ行きます。

分岐からすぐなので、旭山の途中で寄り道もできます。

 

旭山歩道・・幕末に日章旗を立てた山(ふらふ山)

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。