小笠原マルベリー

坂本龍馬も見ていた現存天守、高知城(2020年11月訪問)


 

坂本龍馬も見ていた現存天守、高知城(2020年11月訪問)

 

概要

 

2020年11月、高知城を訪れました。

高知城 | 高知城 Kochi Castle|公式ホームページ Official Website (kochipark.jp)

 

現存天守最後の訪問で、12城目です。

これで全天守訪問達成しました。

 

祝・現存天守12城制覇!!

 

高知城天守は1749年ごろ再建されました。

天守は本丸御殿とつながっています。

天守と本丸御殿が現存するのはこの城だけです。

 

本丸・天守はは大高坂山(標高44m)にある平山城です。

 

高知市街地は、この城のあとに、ひろめ市場で食事しただけで、

時間の都合で、足早に去って行きました。

 

今回の四国旅行で一番印象に残ったコピーが「リョーマの休日」です。

「ローマの休日」とかけています

リョーマは、言わずと知れた坂本龍馬のこと。

「リョーマの休日~自然&体験キャンペーン~」

公式サイト | 高知県観光キャンペーン (kochi-experience.jp)

 

 

 

 

 

高知城

 

追手門  この門も当時のもの

 

詰門

 

 

天守遠望

 

本丸御殿と天守

 

天守最上階

 

 

本丸御殿

 

 

展望

 

地形について行くまで気がつかなかったことがあります。

高知市街地は海に近いので、海がてっきり見えるものと思っていました。

 

実は海側にも山があって、海に近い平地ですが、盆地のような地形なのですね。

だから天守からも海は見えませんでした。

 

 

北側展望  

南側展望

 

    

東側展望 

 

 

高知と小笠原

 

高知と小笠原のつながりはほとんどありません。

強いていえば、ジョン万次郎です。

 

足摺岬、ジョン万次郎のふるさと(2020年11月訪問)

海でいえば。

どちらもカツオが獲れたり、沖にはマッコウクジラがいたりはありますね。

小笠原に来なくてはいけない理由、

その21「鯨類(イルカ・クジラ)が通年でみられる}: マルベリーの日記&小笠原情報箱 (seesaa.net)

 

四国の名物食で小笠原の食を考える

 

これはややこじつけですが、

桂浜の坂本龍馬の像は小笠原も視野に入っているかもしれません。

桂浜の龍馬像は小笠原も見ている?(2020年11月訪問)

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。