小笠原マルベリー

西島植生回復ボランティア(’21/2/23)


 

西島植生回復ボランティア(’21/2/23)

 

概要

 

’21/2/23、

NPO主催、西島植生回復ボランティに参加しました。

 

作業箇所は西島の南西部で、

外来種トクサバモクマオウの駆除作業をしました。

 

駆除方法は

ドリルで穴を開けて、そこに除草剤を(ラウンドアップ)を注入するものです。

小径木は鋸で切って、切り口に除草剤を塗布しました。

 

この島は観光利用がないので、薬剤で枯死させて、立ち枯れさせます。

(人の利用があるところでの立ち枯れは、倒木・落枝の危険があります)

 

作業後は南西部の尾根に上り、

昼食を鳥ながら、景観を楽しみました。

 

なお西島は観光利用はできませんので、

こういう機会でもないと上陸チャンスはありません。

 

 

 

実際の様子

 

上陸地

 

上陸地から見た南西部尾根

 

モクマオウ林の作業箇所

 

作業風景。

ドリルで穴を開けて、ラウンドアップの注入

 

南西部尾根に行く途中の崖地

 

南西部の尾根

草地で、尾根の樹木は植栽木

 

西島南西部の尾根上の三角点。標高100m。

 

 

尾根からの父島

 

植栽木  ほとんどテリハボク

 

コウライシバ地に生える、

オガサワラアザミ、ツルワダン、オオハマボッスなどの固有種。

 

白花のオガサワラアザミ

 

黄色の花のツルワダン(固有種)花

 

オオハマボッス: マルベリーの日記&小笠原情報箱 (seesaa.net)

 

 

植栽などについて

 

外来種を駆除したあとの在来種植栽について、

樹種の選定はきちんとした原理・原則がありません。

 

やはり環境に合わせて、本来の植生にあうものを選定すべきです。

 

父島でいうと、海岸付近、山地(高木性、低木性、岩場、草地)などと、

大きく5つの分類ができます。

 

植栽樹種選定マニュアルのようなものをつくり、

それにあわせて植栽していくといいのではと考えます。

 

さらに遺伝的なことも考えて、

極力、そのエリアの果実・種を用いることですね。

由来の分からない果実・種は利用不可です。

 

また原生時代の植生がどうであったかも

過去の資料からなるべく推定することも大事です。

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。